「喫茶ほっとはあと」とは

事業所名称 障害者就労支援センターほっとはあと
実施事業 障害者就労継続支援事業A型
設置・運営主体 特定非営利活動法人 京都ほっとはあとセンター
事務局 京都市中京区竹屋町通烏丸東入ル清水町375番
ハートピア京都7階  TEL(075)255-0355

設置経緯

京都市営地下鉄東西線の西伸に伴い「西大路御池駅」の地上に新築された「京一商西京同窓会館」1階部分の貸与を受け平成20年4月に障害者施設の授産振興を進めるNPO法人京都ほっとはあとセンターが喫茶事業を運営することとなり、「喫茶ほっとはあと(現・西大路御池店)」をオープン。
翌年、京都府庁の職員や来庁者の昼食の憩いの場として府庁店を開設。

従業員(利用者) 15名(御池店11名・府庁店5名)
支援スタッフ サービス管理者1名 支援員6名(常勤1名・非常勤5名)

設立当初からのコンセプト

「街中のオアシス」・「都会のオアシス」・「ビジネス街のオアシス」

「泉が湧き、人々が集い、心を癒すオアシスをコンセプトに、近隣の住民の皆さまや企業に働く方々、お買い物帰りの主婦の皆さまにとって「ほっと一息つける」店舗をめざす。

本事業所の基本的視点

  • 就労の場を開設することにより障害のある人の自立・社会参加を促進する。
  • 障害のある人たちが一般の企業形態の事業に参画し、主体的に働く姿を通して、障害のある人たちへの地域の人々の理解と共感を広げ、誰もが安心して暮らすことのできる地域社会づくりに寄与する。

京都ほっとはあとセンターハートプラザKYOTOのTwitter株式会社スタジオニクロム

ページの先頭へ戻る